壽崎パストガバナーが来訪

2014-08-20

壽崎肇パストガバナーが来訪されました。壽崎パストガバナーは公益財団法人壽崎育英財団の理事長です。

IMG_1767

 

壽崎肇パストガバナー(1989-1990)

50周年記念と言いますのは、日田ロータリーが50年も奉仕を続けてきたというお祝いの日ですが、せっかくのその日に私はお葬式がありまして来れなかったので、いつかお詫びに来なければいけないと思っておりました。以前公式訪問に来た時には大変勉強をさせていただいた記憶がありますのに、しばらくこれずにようやく今日8月も終わりになるこの日にお礼に参りました。今日おごちそうを食べさせていただきながら、日田ロータリークラブは幸せだなぁと思いました。こんなに美味しいのに1500円とメーキャップがお安い。このままだと現在61名との事ですがすぐ100人にはなるなぁと思いました。

私は昭和39年に佐伯ロータリークラブに30代で入れてもらいました。当時お医者さんの先輩会友でしたが「お前のところの商売のやり方は駄目だと」いつも言われていました。おそらく奥さんが私のお店に買い物に来ていちいち先生に仰る事だと思うんですが、職業奉仕とはなんなのかなぁ、と思いながら、お医者さんは学問的に難しいことをおっしゃるんですが我々商売人には良くわからず、そこで自分なりに勉強させていただきました。結論的には「最もよく奉仕するものは最もよく報いられる」ということではないかと。奉仕とはなにか、それはお客さんの喜ぶことを毎日続けること。私は毎日従業員と一緒にして努力して参りました。おかげさまでなんとか会社も大きくなりました。私が社長を辞めて15年経ち壽屋は倒産してしまい残念でしたが、会社をやめてもなんもかんもわからんことが多くありすぎます。おかげでロータリーではいまだにたくさんのことを勉強させていただいております。先ほどのお話のシドニーに行ってもやはり勉強でした。知らんことが多いから勉強せないかんのじゃろうということで今でもパストガバナーとして多くの場所を回っておりますが、今日のように歓迎していただけることも多く、相手の喜ぶことをするのが人間の生まれた来た目的と申しますが本当にうれしく思います。大変雑多な話で申し訳ありませんが、50周年、誠におめでとうございました。

 

 

  • 新着記事10件

  • 国際ロータリー・テーマ


    2020-2021年度
    国際ロータリー・テーマ

    「ロータリーは機会の扉を開く」ホルガー・クナーク会長

  • ブログカテゴリー

  • Copyright(c) 2014 日田ロータリークラブ|Hita Rotary Club All Rights Reserved.