会長の時間27 平成28年2月3日(水)

2016-02-03

日田ロータリークラブ会長 織田荘太郎

 

知人に千原艸炎という字書き(書家)がいます、その人の発行する月刊通信の中に面白い詩がありました。この詩を見た時、何かしら自分の心に衝撃が走りました。

それは茨木のり子の『自分の感受性くらい』と言う詩です。彼女はすごい詩人でした。

この詩の外にも『私が一番きれいだったとき』、『倚りかからず』、『落ちこぼれ』等の作品も胸に突き刺さるようなものばかりです。

きょうはこの『自分の感受性くらい』と言う詩を紹介します、金八先生でも放送されたそうです。

 

自分の感受性くらい

茨木のり子

 

ぱさぱさに乾いていく心を

ひとのせいにするな

みずから水やりを怠っておいて

 

気難しくなってきたのを

友人のせいにするな

しなやかさを失ったのはどちらなのか

 

苛立つのを

近親のせいにするな

なにもかも下手だったのはわたくし

 

初心消えかかるのを

暮らしのせいにするな

そもそもが、ひよわな志しにすぎなかった

 

だめなことの一切を

時代のせいにするな

わずかに光る尊厳の放棄

 

自分の感受性くらい

自分で守れ

ばかものよ

 

何か、自分の人生を見透かされ、叱られ、そして励まされている気がしました。

Copyright(c) 2016 日田ロータリークラブ|Hita Rotary Club All Rights Reserved.