外部卓話 ㈱九州木材市場  代表取締役 田中昇吾様

2017-02-08

㈱九州木材市場
 代表取締役 田中昇吾様

 《自社紹介》
 ○名  称:株式会社 九州木材市場
 ○所 在 地:日田市大字東有田1205-10(ウッドコンビナート土場)
      日田市大字三和2476-10(三和土場)
 ○電  話:0973-24-3625
 ○事業内容:素材(丸太)の市売り、素材の委託販売、
       山林買収・販売・経営
 ○創  業:昭和35年6月1日 1960年 創業56年
 ○代 表 者:代表取締役 田中昇吾
 ○敷地面積:本社 約12000坪
       ウッドコンビナート土場 約9000坪
         (平成28年4月より操業開始)
 ○保有施設:本社 高性能原木選別機2台 ホイルローダー2台           フォークリフト6台
       ウッドコンビナート
        高性能原木選別機2台 ホイルローダー4台             フォークリフト12台
        その他高性能林業機械
 ○従業員数:27名
 ○年間取扱量: 平成24年 106,000立方メートル
        平成25年 113,000立方メートル
        平成26年 151,000立方メートル
        平成27年 153,000立方メートル
《事業展開》
 丸太をはい積みする仕事になります。売り上げは、はい積み手数料が7%。はい積みが「立方メートル」あたり1200~1300円程になります。これが商売の基本となっています。売り上げが一番大きかった年が平成7年に25億円で、取扱量は70,000立方メートルありました。昨年は、153,000立方メートルで16億円くらいなので、いかに丸太の値段が下がったのか分かります。手数料収入は減っていますが、はい積み料で何とかなっている状況です。最近は、山林購入にも力を入れています。自社で直接伐採し搬出して、素材生産を行っています。売りたいと思った時に、一番に私達に声を掛けて頂くかを常に考えています。
 背景にあるのが、宮崎県日向市に年間50万立方メートルの木材を取り扱う工場が出来ました。ここは広島県に本社を置く「中国木材」という会社です。今まで日本で一番大きな製材所が栃木県の「トーセン」という会社で29万立方メートルの製材を取り扱っていました。その次が15万立方メートル位で宮崎県の製材所が続き、10万立方メートル前後が10社程度でした。いきなり断トツの1位の会社が日向市に出来たという状況で、今の倍の量の取り扱いを目標にしていて、九州の山林をすでに3000ha買占め、この先10000haまで広げようとしており、市場を独占する勢いです。また「中国木材」は、世界一の外資メーカーとの取引しており、外資材は「中国木材」を通さないと手に入らないのが実情です。結果、このような状況下では、宮崎県に丸太が集まらず、地場の製材所が困っているそうです。私達も日田の地場製材所が無くなると困るので、手を携えて地域密着で困難を乗り切りたいと思います。ここにチラシも作成していますので、皆さんからの情報をお待ちしています。

(輸出実績) 直接取引 大韓民国 年間2000立方メートル
        商社 大韓民国 年間1000立方メートル
        商社 中国   年間3000立方メートル

《参考価格》
○杉丸太価格帯(一般材)
・A材(直)   製材向け     14,000円   (構成比)30%
・B材(曲)   製材・合板向け  11,000円   (構成比)40%
・C材(大曲)  合板・輸出     9,000円   (構成比)20%
・D材(バイオマス) 未利用材証明書付 7,000円   (構成比)10%

○一般材桧丸太価格帯
・A材(直)   製材向け    17,000円    (構成比)30%
・B材(曲)   製材向け・輸出  15,000円    (構成比)40%
・C材(大曲)  合板・輸出    12,000円    (構成比)20%
・D材(バイオマス) 未利用証明書付  7,000円    (構成比)10%
・韓国輸出 桧丸太 2.4m 13,000円~16,000円

《日田市の森林概要》
 日田市は北部九州のほぼ中央に位置し、福岡県・熊本県に隣接した地域です。日田市の面積は66,660ha。森林面積は55,299haで、日田市全体で森林率83%になります。森林の76%が人工林で、42,000ha。人工林の樹齢36年生以上が67%あり、28,009haあります。民有林が96%で、国・市・県有林が4%。民有林の蓄積材積は2168万5742立方メートルです。人工林のうち94%は、杉、桧で占めています。

《参考資料》
○2015年九州の港から中国輸出実績
大分港;33,091立方メートル    佐伯港;57,020立方メートル
伊万里港;15,961立方メートル   八代港;56,535立方メートル

  • 新着記事10件

  • 国際ロータリー・テーマ


    2020-2021年度
    国際ロータリー・テーマ

    「ロータリーは機会の扉を開く」ホルガー・クナーク会長

  • ブログカテゴリー

  • Copyright(c) 2017 日田ロータリークラブ|Hita Rotary Club All Rights Reserved.