会長の時間17 平成29年11月8日(水)

2017-11-08

日田ロータリークラブ 会長 諌山高之

今週、11月11日は天領祭りです。皆さま、なぜ日田が天領と呼ばれているかご存知ですか? 今から、400年以前の16世紀終わりのことです。豊臣秀吉は、そのころ朝鮮征伐をしていました。日田地方は、豊後国を支配していた大友義統よしむね(大友宗麟の子)に治められていました。1592年(天正20年)、秀吉から朝鮮への出陣の命令が届きました。そして、朝鮮での戦では、大友義統軍はよく戦いました。 ところが、朝鮮軍に反撃にあって、1593年(文禄2年)1月2日、朝鮮軍は20万の大軍で、小西行長軍が占領していた平壌ピョンヤンを取り戻そうと寄せてきました。この反撃に小西郡は大友義統に援軍を求めてきました。しかし、義統は黒田長政の所に行き、留守にしていました。 残された家来は、最後まで誰も救いに行かず、退却してしまいました。この事を知って、秀吉は激しく怒りました。秀吉の怒りは収まらず、義統の領地全てを取り上げました。 日田は、秀吉が直接支配する「太閤蔵入地」になったのです。こうして、400年に渡り大友氏は領地を失い、ついに滅んでしまったのです。その後、江戸時代になり、三代将軍家光のころから、幕府の管轄地「天領」となったのです。

  • 新着記事10件

  • 国際ロータリー・テーマ


    2020-2021年度
    国際ロータリー・テーマ

    「ロータリーは機会の扉を開く」ホルガー・クナーク会長

  • ブログカテゴリー

  • Copyright(c) 2017 日田ロータリークラブ|Hita Rotary Club All Rights Reserved.