会長の時間19

2019-12-04

日田ロータリークラブ会長 白石章二

12月を師走といいますが、この師とは僧侶の事で、僧侶が年末に仏事の為に走り回るとか、寺社で参拝者の世話をする人を御師というそうですが、その御師が一番いそがしい時期だとか、普段は落ち着いている教師でも、あわただしく走り回る時期とか諸説あるようですが、どれにしてもこの時期をよく表している言葉だと思います。

なにかあわただしさを連想させる言葉のようです。

他の11の月には全部月の字がついているのとは何か違う感じがします。

あとひと月、体調にきをつけて風邪などひかずに無事にすごせたらと思います。

さて、世界に目を向けると一向に収集の兆しの無い香港のデモや、それに反発する中国共産党政府や、北朝鮮のロケットの発射やら、ペルシャ湾への自衛隊の派遣の事やら、来年に迫った周近平国家主席の国賓としての来日の是非やら、日本やアメリカそして台湾にとっての、安全保障上のさまざまな問題が山積しているにも関わらず、日本の国会では首相主催の桜を見る会の客がどうだとか、こうだとかの事ばかりやっていて、もう少し実のある審議が出来ないものかとおもってしまうのは私だけでしょうか。

  • 新着記事10件

  • 国際ロータリー・テーマ

    2019~2020年度
    国際ロータリー・テーマ

    「ロータリーは世界をつなぐ」

    Rotary Connect The World
    マーク・ダニエル・マローニー会長

  • ブログカテゴリー

  • Copyright(c) 2019 日田ロータリークラブ|Hita Rotary Club All Rights Reserved.