会長の時間45 平成24年5月30日(水)

2012-05-30

日田ロータリークラブ会長 武内眞司

みなさん、こんにちは。

第65回目の川開き観光祭が好天に恵まれ無事に終了いたしました、準備や当日の警備に加え、月曜の朝、後片付け等に尽力をいただきました関係者各位に感謝申し上げます。

そんな観光祭の土曜日に、風早にお泊りいただいた東京からのお客様の話を今日は紹介したいと思います。
「日田の花火はいかがでした?」と私としては、日田観光の一番のイベントの印象をお聞きしたつもりでしたが、花火のことには触れずに「日田は素晴らしい町ですね」の一言返事。訳を聞けば、日曜日の朝、町で子供達とすれ違った際に「おはようございます」といきなり大きな声で挨拶され、驚きながら「おはよう」と応えたところ「いい天気ですね~」と笑顔を返され、「うん、いい天気だね」から会話が始まり、旅先の日田で爽やかな時間を過ごすことが出来ましたとのことでした。
こんな素敵な子供達がいる町は、きっと素晴らしい人達が住む町に違いない、日田に感動しました、「絶対また来ます」とのご返事に、私の方が感謝感激した次第です。数千万円をかけたイベントより、子供達の元気な挨拶の方がより大きな感動を生むというところに、観光というものの原点があるように思われます。

ご案内の通りにあいさつの「あ」は明るくの「あ」、「い」はいつもの「い」、「さ」は相手より先にの「さ」、「つ」は人が繋がるの「つ」と言われます。挨拶することは人間形成において重要な要素ですし、良好な人間関係を築く基本です。私の年度では無理ですが、日田ロータリークラブの新世代支援育成プロジェクトに「挨拶運動」を取り上げ、子供達を応援するのもいいかも知れません。花を見て怒る人がいないように、笑顔で挨拶をされて怒る人もまずはいないでしょう。また日頃から挨拶をちゃんとする人間は、秋葉原や渋谷でいきなり人を刺すようなことはないと思います。

最近あまり感動しなくなった還暦過ぎの男が、可愛い小学生の行為に感激しましたので、紹介して会長の時間といたします。

  • 新着記事10件

  • 国際ロータリー・テーマ


    2020-2021年度
    国際ロータリー・テーマ

    「ロータリーは機会の扉を開く」ホルガー・クナーク会長

  • ブログカテゴリー

  • Copyright(c) 2012 日田ロータリークラブ|Hita Rotary Club All Rights Reserved.