7月, 2015年

会長の時間3 平成27年7月29日(水)

2015-07-29

日田ロータリークラブ会長 織田荘太郎

 

先週25日(土)に嘉義玉山ロータリークラブの翁会友とご家族の方、それと嘉義大学の学生さんや家族の方16名が日田に来られ祇園祭を楽しまれました。学生さん方は翁さんのセミナーのメンバーです。夕食をサッポロビール園に御招待し、食事後はハッピとユカタに着替えて、頓宮会友が会長をされている平成山鉾を曳きに行きました。

サッポロビール園では7名の日田クラブ会友がお出迎えをし、食事の後は、田嶋会友、橋本会友、森山会友の3名の方が最後までお世話をして頂き、誠にご苦労様でした。

 

ところで我クラブは、7月から新年度に入り、1日には会長方針の表明、8日にはガバナー補佐とのクラブ協議会、14日には2クラブ合同の公式訪問例会と、息つく間もない慌しい出発でした。これは、まさに3段跳びの、ホップ、ステップ、ジャンプの様でした。

一段落するとその次は当然、慰労の為の納涼親睦例会となります。

祇園祭りでお疲れの会友の方も、今日は、体をほぐしながらゆっくりと飲もうではありませんか。また、新会員の方は、ベテラン会員、先輩会員と遠慮せずに、親睦を深めて頂きたいと思います。サッポロビールのテーマが『乾杯をもっとおいしく』という事だそうです。冷たいビールを美味しく、愉快に、飲み干しましょう。

8月の例会予定

2015-07-25

・8月 5日(水)午後0時30分  日田市の歴史の宿亀山亭
会員増強月間 武内会員増強委員長

 

・8月12日(水)日田市の歴史の宿亀山亭

会員卓話 佐竹地区社会奉仕委員長

 

・8月19日(水)日田市の歴史の宿亀山亭

インターアクト年次大会報告(藤蔭高校インターアクトクラブ)

 

・8月26日(水)日田市の歴史の宿亀山亭

外部卓話(三隈高校総合学科)

嘉義玉山ロータリークラブの皆さん、日田祇園、晩山に歓声。

2015-07-25

日田ロータリークラブと友好クラブである台湾の嘉義玉山ロータリークラブの会員さんがご家族や台湾の学生さん達を連れて日田に来られました。

サッポロビール園で懇親会の後、日田祇園を見学。平成山の晩山運行を見て感激されていました。

IMG_7850

IMG_7878

IMG_7871

IMG_7901

IMG_7931

 

クラブ協議会開催

2015-07-08

岡野重信ガバナー補佐(中津平成RC)をお迎えし、クラブ協議会と例会を開きました。画像はクラブ協議会時の様子です。意見交換がされました。

IMG_2104

IMG_2109

会長の時間2 平成27年7月8日(水)

2015-07-08

日田ロータリークラブ会長 織田荘太郎

 

本日、岡野ガバナー補佐が来訪されております。岡野ガバナー補佐は中津平成ロータリークラブに所属しておられ、職業は弁護士をされておられます。

来週14日に、三隈ホテルで2クラブ合同のガバナー公式訪問が行われますが、これに備えて日田クラブの状況を把握しておかれるということです。今日午前中に、大委員長と理事が出席し、ガバナー補佐指導の下クラブ協議会を行いました。皆様にはこの後すぐアドレスと講評を頂きたいとおもいます。また、大委員長には、各委員会の活動方針と計画を発表して貰います。

 

只今、市内は市長選挙の真最中です。皆さんも意中の候補の応援、運動に大変忙しいことと存じます。選挙管理委員としては最近の投票率の低下を非常に心配しています。若い人の選挙離れや、高齢者には交通の便が悪い為、投票率がひどく下がってきています。12日の選挙当日、都合の悪い方は早めの期日前投票を行って下さい、前々日から非常に混み合います。

そしてまたごく最近、友権者の年齢を18歳に引き下げる法案も可決されました。来年夏の参議院選から、有権者が240万人増えるという事だそうです。

 

選挙に関連したことをもう少しお話します。 前総務大臣・鳥取県知事 を歴任された片山善博氏の文章より抜粋しました。

 

選挙で『いい人を選ぶ』ことは有権者にとって大切なことであり、投票に行く人のほとんどはそうしている。では、いざその選ばれた人たちが『いい仕事をしているか』ということには、はたしてどれほどの有権者が注目しているのであろうか。

この点で、本当はみんなが一番関心を寄せなければならないのが、1番身近な市町村議会である。

失礼をかえりみずにいえば、市町村議会は一部の例外を除いて、全国どこに行ってもあまり評判がよくない。例えば、これまで国や県が決めていたことをこれからは市町村が決めるとする地方分権改革に賛成ですかと聞いてみると、ほとんどの人は賛成する。ところが、「市町村が決めるとは、最終的に議会がきめることなのですよ」と説明した後でもう一度同じ質問をすると、答えは大きく変わってくる。それなら「今まで通り国や県で決めて貰った方がいい」という人が断然多くなる。

残念ながら、自分たちが選んだ議員さん方が決めてくれるなら安心だという人はほとんど見られない。

 

ところで、今日から、新しい週報になりました。サイズもB5からA4版に変わりました。

なかなか良い出来だと思いませんか。色など佐藤会報編集委員長と相談して決めました。

表紙の絵は、女流画家、江藤久美さんの絵を掲載しています。彼女の絵は日本画で、いろいろな展覧会で常に受賞する実力の持ち主です。私も彼女の絵のファンです。絵の大きさは、F130号、1940×1620の大作です。 因みに、彼女は江藤幹事の妹さんです。

危険ドラッグ「ダメ。ゼッタイ。」活動が地元新聞で紹介されました

2015-07-05

日田RCも参加した薬物乱用「ダメ。ゼッタイ。」普及運動の街頭キャンペーンが、地元新聞で紹介されました。

dame

草野会友に会員増強推薦者証明バッヂ贈呈

2015-07-01

草野義輔会友に会員増強推薦者としての証明バッヂと認証コインが贈呈されました。

草野

 

木槌の引継ぎ式と花束贈呈

2015-07-01

田嶋前会長から織田会長へ木槌の引き継ぎがされました。

また、前会長に現会長から、前幹事に現幹事からそれぞれ労い花束が贈呈されました。

木槌

会長花束

幹事花束

会長の時間1 平成27年7月1日(水)

2015-07-01

日田ロータリークラブ会長 織田荘太郎

 

織田会長

今日からいよいよ新年度のスタートです。

新年度と言えば、小学1年生が、希望に胸を膨らませ、元気いっぱい学校に通う姿を思い浮かべます。私にも丁度、今年1年生になったばかりの孫がいます。毎日、目を輝かせて、喜んで通学しています。

この薹の立った、新会長も、これから先の1年、何が起こるのか、期待と、不安と、そして喜びに、満ち溢れています。 とは言うものの、この『会長の時間』は少し憂鬱です、多少心配もあります。 今となっては、もう開き直るしかない、平常心で行くしかないと覚悟をきめました。

 

それでは、少し私のロータリーへの思いを、お話します

第1・ロータリーは楽しくなければいけません、自分の心が満たされなければいけません

難しいことも、つらいことも乗り越えた先に自分の心が満たされれば最高です。

第2・親睦を深めること、知り合いを広めること。  この為には夜間例会をもっともっと増やしたいと思うのですが、やはり予算の壁が有ります。

第3・理事会はクラブのオールマイティーです。

何事も理事会の決定で動くべきであり、理事会の決定なくして動くべからず。

第4・出席することが当たり前であり、欠席するなどもっての外です。

とは申しましても、若い現役の社長は、ロータリーに真剣になりすぎて会社をないがしろにするわけにはいきません。時間を工面して出席することも、やはり腕の見せ所です。

 

次に、クラブの運営については、一生懸命頑張りますと申し上げても、私と江藤幹事だけでは何もできません、やはり皆様の御協力があってからこそ出来ることです。

しかし、あまりいろいろな意見を聞きすぎても方向性が無くなり、面白くないと思います。

丁度良い頃合いを見つけて、押したり引いたり、右に行ったり左に行ったり、感動したり落ち込んだり、ありのままの姿で行きたいと思います。どうか1年間織田年度の委員長の方々、共々、宜しくご支援をお願い致します。

 

最後に私の個人的な事になります。

私は今まで、人前で話すことの出来ない、おとなしい、素直で、非常に心優しい人間でした。とても会長など引き受けたりする柄ではありませんでした。

しかし、ロータリーに入って10年、日田クラブは私を鍛えてくれました、自分でもその変化に気付いています。入会を誘ってくれた人、私に仕事をさせてくれた人、そして私を調子よく、ここまで乗せてくれた会友の皆様方。私は日田ロータリークラブに大変感謝しています、恩義を感じています。本年は会長として私がロータリーに、できる限りの恩返しをしたいと思っています。若い新会員の方にも、ロータリーとは何か良く解らないところだけど、大変面白い所だ、絶対失望はしないところだと教えてあげたいと思います。

Copyright(c) 2015 日田ロータリークラブ|Hita Rotary Club All Rights Reserved.