9月, 2016年

職場例会 日田玖珠広域消防本部 日田消防署

2016-09-28

日田玖珠広域消防組合
消防本部消防長
消防監 吉田 憲二郎様

 皆様には平素より消防行政に対しご協力を頂き、この場を借りて御礼申し上げます。本年2月にこの場に移転しましたが、熊本地震の影響で色々な被害があっている中で、日田玖珠だけお祝いするのは心苦しいこともあり、お祝いは控えさせて頂きました。
 救急関係では、日田市内で今年に入り8月までで1925件。昨年より10件増です。一昨年一年間で4165件の救急出動がありました。今年の夏は暑く、去年8月単月は246件でしたが、今年8月単月は292件と46件増となっています。また、熱中症も患者さんは29件発生しています。
 ドクターヘリは、日田玖珠地区では大分ドクターヘリと福岡ドクターヘリの2台を要しています。玖珠・九重は大分ドクターヘリを使用し、日田は福岡ドクターヘリを使用しています。大分ドクターヘリは料金は要りません。福岡ドクターヘリは24万円掛かります。半額は大分県が、残り半額を日田市が負担して頂いています。日田まで福岡ドクターヘリは久留米から13分、大分ドクターヘリは豊後大野から20分かかるので、少しでも救命率を上げるため近くを選んでいます。
 火災は、日田市で去年9月末現在29件、今年9月末で24件と5件減っています。日田玖珠で39件と増えていますが、もう少し予防策を施して行きたいと思っています。
 消防の基本理念は、地域住民の安心・安全を第一に考えています。職員118名中61名の20代が在籍しここ数年若い組織に変わってきています。
 この後、庁舎内の最新設備をごご覧頂きます。今後も消防行政にご協力をお願い致します。

会長の時間10 平成28年9月28日(水)

2016-09-28

日田ロータリークラブ会長 功能重雄
 救急搬送の問題点についての話です。
 一つは、救急搬送人員の増加があり、半数は診療の結果、帰宅可能な軽症患者ということです。適正利用するために、必要な啓発をしていくことが必要です。
 二つ目は、高齢者搬送の増加です。複数の疾病を持つため、どの科に搬送するか迷うことがあると思われます。これは、病歴のデータベース化で医療機関とも情報を共有することが必要です。
 三つ目は、搬送中に早く処置をすることです。ドクターヘリ、ドクターカーが導入され、救急救命士が養成されていますが、更に医者と連絡を取りながらの処置体制が進められていくとおもいます。いづれにしても、消防と救急という住民の安心と安全にとって重要な役割を担っているわけですが、24時間緊張を強いられる任務についていて、頭が下がる思いです。

ガバナー公式訪問

2016-09-26

前田ガバナーが公式訪問例会が、日田中央ロータリークラブとの2クラブ合同でありました。
002

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-09-26-14-51-04

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-09-26-14-50-41

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-09-26-14-50-29

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-09-26-14-50-10

003

会長の時間9 平成28年9月21日(水)

2016-09-21

日田ロータリークラブ会長 功能重雄
 ガバナー公式訪問の日です。後程、ガバナーアドレスがあります。アドレスの日本語の意味は色々ありますが、一般的にはE-mail address のように住所とか宛名が思い当ります。ゴルフの時、ボールを打とうとして構えたとき、アドレスしたとされます。その他、英和辞典によると、婦人を口説く、求婚するという意味もあるようです。
 実は、アドレスに関心を持ったのは、今年5月、伊勢、志摩サミットの後でオバマ大統領が広島を訪問するかどうか話題になっていた時に、ニュースで大統領報道官が、大統領が広島を訪問しても、その時にpresident address は行わない。代わりに私的コメントは発表するだろうと言っていました。それでアドレスは、公式の重要な意味を持つ演説だと理解しました。今日は、その心づもりでガバナーアドレスを拝聴していただきたいと思います。

10月の例会

2016-09-21

・10月 1日(土)
玖珠RC35周年行事

・10月 5日(水)休会
※10月1日と例会変更

・10月12日(水)午後6時30分 日田市の歴史の宿亀山亭
観月例会

・10月19日(水)午後0時30分 日田市の歴史の宿亀山亭
内部卓話 規定審議会に出席して 織田会友

・10月26日(水)午後0時30分 日田市の歴史の宿亀山亭
職業奉仕賞贈呈

コンサートの収益を阿蘇市に

2016-09-16

チャリティコンサートの収益金を阿蘇市長に手渡しました。
img_2472

img_2488

img_2498

img_2500

img_2510

img_2518

レジェンドコンサート

2016-09-14

日田商工会議所 女性部 佐竹様が 12月16日チャリティコンサートのご案内に来訪されました。
112

cimg1150

「身体と心」の卓話

2016-09-14

外部卓話「身体と心」
ZERO保険企画株式会社 代表取締役 佐藤靖明氏
113

会長の時間8 平成28年9月14日(水)

2016-09-14

日田ロータリークラブ会長 功能重雄
ロータリーの友8月号に記載されている2016年規定審議会の話をします。規定は3年に1回見直されるのですが、今年の4月に開催されました審議会では、ロータリークラブの例会の運営方法に関する制約をなくすという制定案を採択し、クラブの健全さは、出席率だけで決まるものではないとしました。
 クラブの自由裁量によって例会等を運営した方がクラブの活気が生まれ、成長する傾向にあるからと言うことです。これは、会員の減少と出席率の低下に対する危機感からの改正だと思います。詳しくは、後日織田ロータリー情報委員長が卓話の予定です。

熊本震災復興支援チャリティ邦楽コンサート

2016-09-10

熊本震災復興支援チャリティ邦楽コンサートを9月10日パトリア日田小ホールで開きたくさんの方に来場いただきました。
img_1589

img_1603

img_1629

img_1630

img_1633

img_1638

img_1651

img_1687

img_1695

img_1714

img_1715

img_1720

img_1726

img_1746

img_1791

img_1804

img_1843

img_1856

img_1880

img_1925

img_1964

img_1967

img_1985

img_2125

熊本震災復興支援 チャリティ邦楽コンサート 大成功!
社会奉仕委員会 石松雅彰委員長
 去る9月10日㈯、開催いたしましたチャリティ邦楽コンサートは、お天気にも恵まれ、早くから会場に観客が詰めかけ、開場を早めるほどの大盛況でした。開演時間の13時30分には300名を超える来場者が、開演を待ちわびていました。
 今回の震災で犠牲になられた方々のご冥福をお祈りし、黙とうをささげた後、功能会長が開演の挨拶を行い、さっそく開演です。
 オープニングは、髙橋浩寿、吉冨今日子さんによる津軽三味線と髙見大志さんの大太鼓の競演です。迫力あふれる三味線と大太鼓の音色に、会場内が圧倒されました。また、出演者の紹介や、曲目案内は吉冨今日子さんのウイットに富んだ明るく軽妙なトークが会場内を沸かせ、緊張した雰囲気を一変させました。演目は、地元日田のコツコツ節、熊本民謡おてもやん、宮崎県民謡正調刈干切唄へと続き、息も切らせぬステージとなりました。烈風は、髙見大志さんの和太鼓独演で、その力強さと見事なバチ捌きに、会場内を圧倒させました。
第1部最後の演目は津軽じょんがら節で、ソロと競演の見事な曲弾きは、大きな喝采を受けました。
 15分間の休憩をはさみ、第2部は友情出演の岳滅鬼太鼓の皆さんで開演しました。市内のみならず、台湾公演も大成功をおさめたその気合溢れる迫力は、圧巻でした。友情出演、誠に有難うございました。その後も、佐賀県民謡タンス長持唄、宮崎県民謡日向木挽唄と続き、シャンシャン馬道中唄では、お囃子に吉冨さんの御嬢さん方も登場し、会場内を沸かせました。最後の演目は、吉冨さんの津軽あいや節で締めくくりました。
 終演後も、大きな拍手の中でアンコールの声が高まり、出演者全員が登場し、観客の皆さんも合の手を打ちながら、牛深ハイヤ節の大演奏となりました。最後に、実行委員長の宮崎会友の閉会の挨拶で、日田ロータリークラブ初のチャリティ邦楽コンサートを大成功の内に、終了することができました。
 今回のイベント実施につきましては、急遽の決定にもかかわらず、会友の皆さんにはチケット販売、当日の会場設営準備、各種役割について大変お世話になりました。おかげさまをもって、チャリティ収益金も544000円を上回る見通しとなっております。この収益金は、この16日に熊本県阿蘇市に持参し、市長さんへお渡しすることになっています。皆さんのご協力に感謝し、報告に変えたいと思います。
 本当に有難うございました。お疲れ様でした。

会長の時間7 平成28年9月10日(水)

2016-09-10

日田ロータリークラブ会長 功能重雄 
皆さん、こんにちは 本日は会場一杯の方においでいただきうれしく思っています。
 今日のチャリティーコンサートは熊本地震復興支援を目的としています。熊本地震では、家屋の損壊がほとんど手づかずのままで、また避難所生活をされている方も多数おられると聞いています。少しでも力になればと考えています。今日御出演の方々には、熊本、阿蘇にゆかりのある方がたくさんいらっしゃいます、本日の益金はすべて阿蘇市役所へ届ける予定です。簡単ですが、お礼のあいさつとさせていただきます。ごゆっくりお楽しみください。

  • 新着記事10件

  • 国際ロータリー・テーマ

    2019~2020年度
    国際ロータリー・テーマ

    「ロータリーは世界をつなぐ」

    Rotary Connect The World
    マーク・ダニエル・マローニー会長

  • ブログカテゴリー

  • Copyright(c) 2016 日田ロータリークラブ|Hita Rotary Club All Rights Reserved.