4月, 2018年

外部卓話 日田市観光協会会長 冨安裕子氏

2018-04-25

1.日田の観光の現状
祭りの多い町なので祭りの時の集客はあるが、昨今の自然災害の影響もあり観光客は減少気味。減少する国内観光客をカバーしているのは訪日外国人観光客。

2. 観光地として発展していくために
何処から来るにもアクセスの良さは強み。自然、歴史、町並み、産業と観光素材はどこにも負けないほど豊富。生かすためにどうしたらよいか?観光産業を牽引していく強力な組織作りが求められる。他地域ではそのような組織がどんどん誕生し、国内外を問わず強力な観光客誘致活動が行われている。日田の観光もそのような時期を迎えている。

3. 観光地としての日田の可能性
観光関係のデータの現状分析と継続的な市場調査をしっかり行い短期、長期の観光戦略をたて真剣に取り組めば可能性は大きいが、今何もしなければ次第に他地域に後れをとり廃れていくこともあるかもしれない。 官も民ももっと危機感をもって観光産業の発展に向けて取り組んでいくべき

しっかり発信し、素材を磨き続ければ日田はどこにも負けない素晴らしい観光地だと思います。 立ち寄りだけ、一泊だけでなくゆっくり滞在して過ごしたい旅の目的地になるような観光地となることを願っています。

会長の時間38 平成30年4月25日(水)

2018-04-25

日田ロータリークラブ 会長 諌山高之

今日、皆様にお詫び申し上げます。今月21日、嘉義玉山ロータリークラブ創立19周年総会に行くつもりでしたが、福岡空港の航空カウンターで、パスポートの関係で台湾に行けなくなりました。台湾に行ったロータリーメンバー5人に大きな迷惑をかけました。また、嘉義玉山ロータリークラブや日田ロータリークラブに迷惑をかけました。すみませんでした。今日、卓話をいただく冨安観光協会会長は、日田の観光のために頑張ってください。私も、観光協会の役員です。出席率が悪いので、メークアップのお願いをします。東京ロータリークラブは、日本最古で最大のクラブ、他クラブからのビジターが多く来ます。会員数は300人以上です。毎週水曜日、12時半〜13時半、会場は帝国ホテルで、ビジターフィーは5,000円です。最後に、メークアップの記事を見てください。

会長の時間37 平成30年4月18日(水)

2018-04-18

日田ロータリークラブ 会長 諌山高之

今日は、地区協議会の話があります。私も昨年4月に地区協議会に出席して会長の勉強をしました。会長の任期もあと2ヶ月半ですので、最後まで頑張っていきます。今週21日に、RI3470地区の嘉義玉山ロータリーの19周年創立記念式典にロータリーメンバー6名で行きます。嘉義玉山ロータリークラブとは、2007年に友好クラブを締結しました。また、嘉義玉山ロータリークラブには2年ぶりに行きます。10月6日の日田ロータリークラブ55周年記念式典の案内状を持っていき、友好していきます。来週の例会に嘉義玉山ロータリークラブの話をします。会長の時間を終わります。

 

会長の時間36 平成30年4月11日(水)

2018-04-11

日田ロータリークラブ 会長 諌山高之

今日はNBSロジソル様で職場例会を開かせていただき、十時社長本当にありがとうございます。NBSロジソル様は亀山亭でもお世話になっております。今日は観光の話をします。今年7月14日に久大線が全面開通します。また、日田駅の駐車場が立派になります。日田祇園の集団顔見世の時、駅に向かって9基の山鉾が一列に並ぶそうです。日田の宿泊数は、昨年に比べ韓国人の宿泊数は200%で台湾からの宿泊数は130%です。今は、日本人団体が減っています。5月20日から屋形船がでますので日田の観光を盛り上げていきます。

職場例会(株)NBSロジソル代表取締役社長 河野 逸郎 氏

2018-04-11

 

説明する永田職業奉仕委員長

弊社は、1968年の創業以来、物流事業に真摯に向き合い、お客様の期待に応えるべく様々な物流サービスを展開していくことで、国内外に40拠点を展開するまで事業を拡大してまいりました。一般貨物輸送にとどまらず、共配や3PL事業といった物流ソリューション、国際貨物の一貫物流サービスまで幅広く展開しております。

これもひとえに、数多くのお取引先様や関係する皆様方の永年に亘るご指導とご愛顧の賜物であると感謝しております。  物流は人々の生活にとってなくてはならない社会インフラであり、社会に与える影響も非常に大きい産業であります。弊社でもその責任を果たすため、安全と品質を最重要課題として、優良ドライバー認定制度や品質認定制度など様々な活動に取り組み、海上フェリーの活用によるモーダルシフトの推進などの環境配慮の取り組みも積極的に進めております。

一方で、物流の領域はまだまだ効率化が遅れている業界でもあり、社会・お客様のニーズに十分応えることができていないと痛感しております。弊社としましても、お客様のご期待に沿えるよう専門性の強化を至上命題と掲げて、長年携わり実績を積み上げてきた建材物流の事業強化を進めております。建材物流ならNBSロジソルとご評価して頂けるよう、最高品質の物流ソリューションをお客様に提供していく所存です。

「創造・挑戦・貢献」を企業理念として掲げ、全従業員が一丸となってお客様、さらには社会への貢献を果たしていくことが弊社の使命です。お客様のご期待を超える感動をお届けし続けていくことで、頼りになる物流パートナーとなれるよう鋭意努力してまいる所存ですので、今まで以上のご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。 経営理念「創造・挑戦・貢献」  弊社は創業以来、徹底したお客様第一主義を掲げて事業展開してまいりました。 新しい価値を創造し挑戦していくイノベーション精神を経営理念に掲げ、お客様・社会に貢献していく姿勢を全従業員に徹底しています。  高品質の物流ソリューションをお客様に提供し、豊かな社会を実現したい、その思いから、2011年に社名をNBSロジソルに改名いたしました。

NBSロジソルの「ロジソル」は、ロジスティックス(Logistics)・ソリューション(Solution)、 つまり、お客様の物流で抱える問題を解決するパートナー企業、という意味を込めています。 「NBSロジソルは「建材物流」をこう考えます」  住宅建築における建築資材をメーカーから現場へのあらゆる配送と定義しています。 具体的には、『幹線輸送』『二次配送』『現場配送』『現場納材』の4つの配送から構成されています。

最近の住宅事情は、高断熱・高耐震・ECOを中心とした住宅造りが進んでいます。 それに伴い、建築の設備や資材が工業製品化され、各種配送にも建材特有な課題・問題点が発生してきています。 この建材特有の課題に対し、各配送において私達は以下のサービスを提供していきます。 この様なご提案ができるのは、永年建材を扱ってきた経験があるからです。

6月の例会

2018-04-10

・6月 6日(水)午後0時30分 日田市の歴史の宿亀山亭
クラブ協議会 大委員長発表

・6月13日(水)
献血例会

・6月20日(水)午後6時30分 日田市の歴史の宿亀山亭
年度末夜間例会

・6月27日(水)午後0時30分 日田市の歴史の宿亀山亭
最終例会 会長卓話

5月の例会

2018-04-10

・5月 2日(水)休会

・5月 9日(日)午後0時30分 日田市の歴史の宿亀山亭
会員卓話 井上百合会友

・5月16日(水)午後0時30分 日田市の歴史の宿亀山亭

・5月23日(水)午後0時30分 日田市の歴史の宿亀山亭
外部卓話 献血について 大分県赤十字血液センター 献血推進課 梅谷さん

・5月30日(水)午後0時30分 日田市の歴史の宿亀山亭
外部卓話

4月の例会

2018-04-10

・4月 5日(水)午後0時30分 日田市の歴史の宿亀山亭
地区大会報告 松浦会友 髙嶋会友

・4月 8日(日)大分ホルトホール
地区研修協議会

・4月11日(水)午後0時30分
職場例会 NBSロジソル

・4月18日(水)午後0時30分 日田市の歴史の宿亀山亭
地区研修協議会 参加委員長

・4月25日(水)午後0時30分 日田市の歴史の宿亀山亭
外部卓話 一般社団法人 日田市観光協会 冨安裕子会長

 

 

地区大会報告

2018-04-04

松浦善剛会友
先日の3月16日17日の第2720地区2017-2018年度の地区大会のRI会長代理歓迎晩さん会並びに希望交流会、翌日の本会議、記念講演に参加してまいりました。

開会挨拶、歓迎挨拶、RI会長代理紹介、挨拶とトントン拍子に進んで行きました。そして、RI会長代理のご挨拶は、堅苦しくなく、物静かな喋りで会場全体を包み込む半面、ウィットに富んだ話で会場を爆笑の渦に巻き込みました。

そして、地元のオペラ歌手の唄で、乾杯。歓談の間は、先輩会友に連れられての、他のクラブの方との名刺交換などで、あっと言う間に閉会となりました。勿論、最後は、「手に手つないで」でした。 次の日の本会議では、点鐘に始まり、来賓、各クラブの紹介、追悼、歓迎挨拶、祝電披露と流れ、永田ガバナーの挨拶、現状報告がなされました。

次に中村RI会長代理のアドレス、現状報告では、 ・ロータリーの活動の原点は、クラブであり、クラブの柔軟性こそがロータリー発展の原点である。・ロータリー創世紀から世界の変化に対応して、成長し続けてきたロータリーは、柔軟性という新たな考え方を取り込みながら、加速度的に飛躍を遂げるだろう。・ロータリーの永遠のテーマ、「利己」と「利他」の調和、「奉仕の理想」「超我の奉仕」という他者への思いやりの心を胸に刻み、また多くの友人と親睦を交わし、新たな「出会い」の感動を得ることの大切さ。・しかし、私たちが忘れてはならないのは、ロータリーが長い年月の中で育んできた高潔性と倫理観の涵養。最後に、「永遠の友情と限りない奉仕の心を」と言う、RI会長代理の御言葉は、深く私の胸を打ちました。  そして、今回の大会議決が採択され、昼食となりました。 午後の部は、メインプログラムが「熊本、大分地震復興への歩み 復興支援プロジェクト」の発表、各クラブの報告会や、表彰と続き、閉会、点鐘となりました。 記念講演は、「軍事漫談家」とも言われるジャーナリストの井上和彦氏の「日本をとりまく安全保障の知られざる現実」というタイトルでの公演でした。  笑いあり、考えさせられること、ちょっぴり感涙させられることなど、あっという間の90分、いや100分でした。

最後になりましたが、今回の地区大会に参加させて頂き、ロータリーの価値観「親睦」「高潔性」「多様性」「奉仕」「リーダーシップ」を改めて考えさせられ、その機会を与えてくださった、皆様に感謝いたしまして、私の報告とさせて頂きます。御清聴ありがとうございました。

高嶋圭一郎会友
3月16日、熊本市で行われました2720地区大会に参加いたしました。ロータリークラブに入会しこのような大きな式典ははじめてでしたので、大変楽しみにしておりました。

会場は大変華やかで、私が40歳まで所属しておりました青年会議所で経験した式典の会食はたいていが立食でしたので、コース料理と豪華な演出にロータリークラブらしさを感じました。  膳所会友にご紹介いただき、ガバナーと名刺交換させていただきました。大変にオーラのある方であったことが印象に残っております。  列席されている会友は家族連れの方も多くみられ、素敵なことだなと感じました。私も娘にこのような体験をさせたいと思っております。再来年、世界大会がハワイで開催されると聞きましたので、その際は家族で参加したいというのが直近の目標になりました。

これを機会にさらに勉強して、先輩会友のような素晴らしいロータリアンになれるよう精進していきたいと思います。

会長の時間35 平成30年4月4日(水)

2018-04-04

日田ロータリークラブ 会長 諌山高之

3月16日、新入会員の松浦会友と髙嶋会友、ロータリーメンバー9人の11人で地区大会に参加しました。15時から、会長幹事の会議がありました。また、18時からRI会長代理歓迎晩餐会があり470人が出席しました。祝宴後に、宇城ロータリークラブと一緒に懇親会をしました。翌17日は10時に点鐘、ガバナーの挨拶の後RI会長代理である第2770地区吉川ロータリークラブ中村靖治様からアドレスがありました。15時に点鐘、その後井上和彦氏の講演があり、17時30分に終わりました。日田に帰り、日田中央ロータリークラブと懇親会をしました。そうして、長い地区大会が終わりました。お疲れ様でした!井ノ上さんの入会を歓迎します。頑張ってください。3月13日に、熊本城東ロータリークラブ創立30周年記念式典に、中西幹事、一ノ宮会友と3人で行きました。城東ロータリークラブは、オーストラリアとタイのロータリークラブは友好クラブです。我々日田ロータリークラブは、台湾嘉義玉山ロータリークラブと友好関係で、今月21日に創立19周年大会に出席するつもりです。私は、あと3ヶ月間日田ロータリークラブ会長として頑張っています。応援お願いします。

 

Copyright(c) 2018 日田ロータリークラブ|Hita Rotary Club All Rights Reserved.