7月, 2022年

会長の時間4

2022-07-27

日田ロータリークラブ会長 石松雅彰

 

 今日は、先日、皆さんにご協力を頂いた会員満足度調査についてお話しします。

 今年度のスケジュールでは、来年5月に1年間を振り返り、クラブ評価例会として、会員満足度調査を計画いたしていましたが、「地区クラブ活性化ワークショップ」が、7月23日に開催されることに伴い、急遽7月6日に満足度調査のご協力をお願いいたしました。急なお願いで、どの位の回収ができるのか不安でしたが、22名の会友にご回答を頂き、大変ありがとうございました。回収率は、40%で、やや寂しい結果となりました。

 

 調査結果について、いくつか紹介したいと思います。

まず、日田クラブの会員であることに対する満足度は、「満足している」が59%、「ある程度満足」が27,3%で、全体的に評価は高い結果となっています。 

 しかしながら、各質問項目においては、満足度が低い項目もございましたので、そこを中心に報告いたしたいと思います。

 まず、「クラブは、新会員がすぐに打ち解けられるよう配慮している」の項目では、「そう思う」という肯定意見は22.7%で、全項目中最も低い結果となっています。

 

 次に、「クラブは各会員の関心、スキル、スケジュールに応じてできるだけ活動に参加するよう呼び掛けている」の項目でも、肯定意見は45.4%と低い結果となっています。

 例会にかかる項目では、「長さ」「場所」「曜日」「プログラム」などについては評価が高いものの、「ロータリー最新情報の紹介」「交流に充てる時間」「職業のネットワークづくり」「テーマの多様さ」の項目で不満の意見がやや多くなっていました。

 奉仕プロジェクトの数については、「多すぎる」と「少なすぎる」の両意見が拮抗する結果となりました。

 「クラブのコミュニケーションと対応」の項目では、「クラブは会員の声に十分耳を傾けている」「会員からの意見やアイデアを積極的に募っている」「会員の意見やアイデアに基づいて運営されている」「会員のニーズに合わせて手続や規定を更新している」などの項目で不満の割合が高く、特に「会員からの意見やアイデアを積極的に募っている」では、59.1%が否定的な回答で、今後の大きな課題と言えそうです。

 

 「会員であることの評価」の項目では、「クラブで歓迎されていると感じる」「自分の才能、スキルを活かす機会がある」「ロータリーを通じて世界に貢献できる」の項目で評価が低く、「クラブへの参加」についての項目では、「クラブの行事に家族や友人、同僚を誘う」「新入会員の勧誘」の項目で、否定的意見が半数を超える結果となりました。

 

今回、得ました結果を踏まえ、早急に取り組めるものについては、直ちにその対応を検討していきたいと思っています。

 皆様の、ご理解とご協力を改めてお願いする次第です。

 会長の時間を終わります。

8月の例会

2022-07-21

・8月3日(水)午後12時30分 日田市のマリエール オークパイン日田

委員会卓話 会員増強維持委員会卓話

 

・8月10日(水)

納涼夜間例会

コロナ感染拡大防止のため中止となりました。例会も休会です。

 

・8月17日(水)午後12時30分 日田市のマリエール オークパイン日田

会員卓話

コロナ感染拡大防止のため例会は休会となりました。

 

・8月24日(水)午後12時30分 日田市のマリエール オークパイン日田

地区補助金贈呈式 こども食堂ハッピータイム

コロナ感染拡大防止のため例会は休会となりました。

会長の時間3

2022-07-20

日田ロータリークラブ会長 石松雅彰

 今日は、メークアップについてお話します。

 

先週、12日の火曜日に日田中央RC、木曜日に玖珠RCの例会に、新年度の挨拶のため、幹事と一緒にメークアップに行ってきました。

 他クラブの例会に出席しますと、運営の方法や雰囲気、週報のデザインや構成など、日田クラブと相違する点も多く、大変勉強になります。

参考までに紹介いたしますと、日田中央RCでは、例会場入り口に挨拶係がタスキをかけて出迎え、会員やゲストを招き入れます。そして例会前に食事をとるようになっていました。定刻になると、会長による点鐘、ロータリーソングの後に、職業奉仕委員の発声に合わせて「四つのテスト」を唱和します。また、月初めの例会では、誕生月の会友に対し皆でハッピーバースデーソングを合唱します。和気あいあいとした雰囲気です。

 

以前は日田クラブでも、親睦委員がタスキを着用し入口で出迎えを行っていたようで今回の満足度調査において「原点に立ち還り実施したほうが良い」とのコメントも頂きました。

玖珠RCの例会でも、「四つのテスト」の唱和を行っています。会員数が15名と少数であるため、コの字型の配席で会が進められていました。食事はコロナ禍と言うことから、退席時にお弁当を持ち帰る方式をとっていました。各クラブとも、いろいろ工夫を凝らし、楽しい例会運営に努めているようです。

欠席をメークアップするには、定款に規定されていますのでご承知のこととは存じますが、新入会員もおられますので、いくつか、その方法を紹介します。

 

〇他クラブや衛星クラブ、インターアクトクラブなどの例会に、その例会時間の少なくとも60%に出席する。この時、例会出席の目的を持って定刻に会場に赴いたが、定刻の時間または場所において例会が開かれていなかった場合もメークアップに見なされます。

〇理事会承認の奉仕プロジェクトや地域社会の行事・会合に出席する。

〇理事会の会合、理事会が承認した場合選任された奉仕委員会の会合に出席する。

〇クラブのウエブサイトを通じてオンラインの会合又は参加型活動に参加する。

〇RI関係の研究会や会合、地区大会や地区研修・協議会、ガバナーの指示により開催された地区委員会などに出席する。

場合などがあります。メークアップの有効期限は当該年度内となっています。

 

これらに該当する場合は、出席後ただちにその内容を出席奨励委員長へご報告をお願いします。

 他クラブなどの例会に出席してみることは、欠席のメークアップと言うだけでなく、新たな会友との触れ合いや、見聞を深めるためにも有効と思います。

 できるだけ沢山メークアップをしてみましょう。

会長の時間を終わります。

会長の時間2

2022-07-13

日田ロータリークラブ会長 石松雅彰

去る7月4日、日田市役所で令和4年度日田市交通安全推進協議会総会が開催され、ロータリークラブ会長になって初めての公務として出席してきました。

協議会の会長は日田市長、副会長は日田市自治会連合会会長及び大分県交通安全協会日田支部長が務め、理事、委員合わせて総勢99名のメンバーで構成されています。

 

主な構成メンバーは、行政関係、教育関係、自治会関係、警察・交通関係、飲食関係で、加えて各種団体としてロータリークラブやライオンズクラブなどが参加しています。

 

総会では、令和3年度の事業報告、収支決算報告が承認され、令和4年度の事業計画案及び予算案等が可決されました。

続いて日田警察署交通課長より「日田警察署管内の交通事故の状況」について講話が行われました。

講話では、令和3年の人身事故(88件)は対前年比19件の減で、ここ数年減少傾向にあるものの、物件事故を含む交通事故は年間1500件も発生し、これは1日当たりに換算すると4.1件になる。昨年の死亡事故の半数以上が時速40㎞以上の走行中に発生しており、死亡者の7割が、歩行中または自転車乗車中の事故となっているとのことでした。

このため、自動車運転者には、①スピードダウン②横断歩行中の歩行者注意③車道の外側の歩行者に注意し、相手の動きを予測して運転してほしいとの話がありました。

また、交通事故多発現場は国道386号線(特に玉川交差点から駅前、イオン周辺までの間)で、右折・直進車との事故、店舗駐車場内での事故も多いとのことでした。

 

 

我々もロータリアンとして、「おこさず、あわず、事故ゼロ」を合言葉に、交通安全意識の高揚と交通ルールを遵守し、交通事故の防止に努めたいものです。

最後に、市の担当者から、運転免許証自主返納支援制度サポート加盟店の拡大についてお願いがありました。

 

サポート加盟店は現在日田市に11店舗あり、運転免許証自主返納者が運転経歴証明書を提示すれば割引やポイント等の特典が受けられる制度で、賛同いただける企業、団体を募集しているとのことでした。

詳しくは市役所市民課担当までお問合せください。

これで会長の時間を終わります。ありがとうございました。

 

石松会長 新年度運営方針

2022-07-06

卓話原稿(令和4年7月6日)

本日の卓話は、会長の新年度運営方針となっています。

 お手元に、私の今年度の運営方針並びに活動計画をまとめたものを配布いたしていますので、ご参照いただきながら、説明をさせていただきます。

 まずは、ジェニファーE・ジョーンズRI会長の2022~2023年度のテーマについてです。

 

 皆さんすでにご案内のことと思いますが、 ジェニファーE・ジョーンズ会長はRIで初めての女性会長です。ジョーンズ氏は、1997年にロータリーに入会し、RI副会長、理事、研修リーダー、地区ガバナー等を歴任され、ロータリー強化顧問グループ委員長も務められロータリーのブランド活性化の取組でリーダー的役割を担ったとのことです。

そして、超我の奉仕賞、ロータリー財団功労表彰状を受賞しているほか、夫のニック・クラヤシッチさんと共に、アーチ・クランフ・ソサエティ(財団へ累計25万ドル以上の寄付者)、ポール・ハリス・ソサエティ、ロータリー財団遺贈友の会の会員だそうです。

 その会長テーマは、「IMAGINE ROTRY」とされました。そして、テーマ講演会で、「想像してください、私たちがベストを尽くせる世界を。私たちは毎朝目覚めるとき、その世界に変化をもたらせると知っています。昨日のことをイマジン(想像)する人はいません。それは未来を描くことです。」と説明され、さらに「ポリオのない世界を想像してください。みんなが安全な水を使える世界を想像してください。疫病のない世界、すべての子どもが読むことのできる世界を想像してください。やさしさ、希望、愛、平和を想像してください。だからこそ、『イマジンロータリー』がテーマとなります。」と結んでいます。

 また、堀川貴史ガバナーは、地区スローガンを

 「ロータリーはつながりであふれている」~友情いっぱいの仲間となにかよいことをしましょう~とされました。そして、「例会に集い、例会の場で、職業上の発想の交換を通じて、分かち合いの精神による事業の永続性を学び、友情を深め、自己改善を図り、その結果として奉仕の心が育まれてきます。」としています。

そして、地区方針を 【地区戦略計画(2021年7月~2024年6月)の継続と具現化】とし、その他の重点項目として、

  •  ・2720地区のやる気スイッチON(クラブ活性化ワークショップ開催)
  •  ・新入会員の退会防止(ロータリーを学ぶオリエンテーションの開催)
  •  ・各クラブの例会サポート(出前セミナーの推進・公式訪問12か月で)
  •  ・メディア対応のワンストップ化(奉仕活動の取材依頼を公共イメージ部門で)
  •  ・Zoomミーティング窓口の開設(研修委員会でホスト役を行う)
  •  ・休日は家庭生活に奉仕の理想を最大限適用(休日は家族と一緒に過ごしましょう)  

を掲げています。

 

  私が、特に面白いと感じたのは、⑥の「休日は家族と一緒に過ごしましょう」の項目です。

 これまで、日曜日を中心に開催されることが多かった部門別セミナーは今年度休止となり、どうしても日曜日でないとできない行事を除いて、基本的には休日の行事は行わないとしています。

私の勝手な思い込みですが、ロータリーは、職業奉仕が金看板で、それぞれの会員の皆さんが自らのお仕事に倫理観を高め、職業人として社会の役に立つことが求められていると思っています。そのためには、皆さんのお仕事がまずは優先されることだと思います。そして、その仕事を成し遂げるためには、家庭が重要です。本来の仕事や家庭を犠牲にしたロータリー活動は難しいのではないか、バランスの取れた活動が必要ではないかと思っています。そんな私の思いに、この項目はピシャリとはまりました。ガバナーの優しいお気持ちも大変ありがたく思います。

 このような、RIテーマや地区スローガンを踏まえ、私の今年度の活動方針を

「ロータリーの輪を深めよう」

としました。

 

これまでよくロータリーの輪を広めようとは言われてきましたが、私は、今年度は広げると言うより、敢えて深めるとしました。

それぞれの会友が、例会を通じて、多様な情報の受発信と相互の親睦・友情を深め、「日田ロータリークラブ会友」として輪(つながり)をさらに強固なものにしたいと考えています。そのために、知っているようで知らないことも多い会友たちの話をたくさん聞き、そして話す機会を「会員の時間」として設けたいと思っています。

また、膳所ガバナー年度の前年度として、各種の協議会・研修会が当地域で開催されることから、協力体制を強化し、それらの研修機会等を活用した2720地区内の他クラブのロータリアンとの輪・和も深めたいと考えています。

さらに、せっかくロータリークラブに入会したのだから、ロータリーに関する情報、活動状況などを学ぶ機会を増やし、ロータリアンとして意識を高め、つながりを深めたいと思っています。

 <そのための具体的な取り組み>として、

 ・会員が、年に一度は自分の職業上の情報や体験談、近況などを発言する機会として、例会に「会員の時間」を設けたい。会員の時間は、1回につき3名程度の会友から発表をお願いしたいと考えています。

 

 ・会員満足度アンケートなどのツールを活用し、クラブ評価を行いたい。

私がクラブに入会してからこれまで、会員満足度調査をされた記憶はありません。

他クラブでは、毎年調査を行うところもあるようです。例会の在り方や、活動の方向性、内容などについて皆さんの御意見をお尋ねすることは大変意義があると思っています。

そのため、来年5月に「クラブ評価例会」として満足度アンケート調査を実施し、

反省と改善に取り組みます。

 

・各委員会での卓話に積極的に「出前セミナー」を活用したい。

今年度の地区の重点項目でもあります「出前セミナー」を例会時に招聘し、ロータリーの各分野における理解を深め、情報収集に努めたいと思います。

 ロータリーには活動強化月間がありますので、その折に各分野のセミナーを活用できたらと思っています。

 

・昨年度ガバナー公式訪問時に大森ガバナーから、当クラブの定款が標準定款と相違しているとの指摘を受けました。

 当クラブの定款・細則は2015年(織田莊太郎会長年度)に、設置された定款細則委員会(佐藤武朗、橋本信一郎、草野義輔、梅野親典、佐竹享、武内眞司会友)において作成改定されました。この時点では、適切に整備された定款細則でありましたが、その後、3年ごとのRI規程審議会とそれに基づく手続要覧の改正項目が見直し、整理されていない状態となっています。膳所ガバナー年度が次年度から始まりますので、その前には整備を終える必要があると思っています。そのため、今年度にクラブ内に新たに「定款細則委員会」を設置し、標準ロータリークラブ定款及び推奨ロータリークラブ細則に準じ、定款細則の整備を行います。

 

・社会奉仕事業として、地区補助金を活用し「こども食堂ハッピータイム支援事業」を実施します。

 この事業は、前年度社会奉仕委員長でありました江藤秀平会友が手掛けておられました「こども食堂ハッピータイム支援活動」を拡大し、施設の環境整備と周知PR活動を支援しようとするもので、江藤会友のご尽力により実現できた事業であります。

 理事会での承認を経て現在事業を進めており、8月には贈呈式を計画いたしております。

 

 

・マスコミやホームページを活用し、ロータリークラブの考え方や活動内容などを積極的に情報発信し、クラブの広報・周知を図りたいと考えています。

また、ホームページ上では定款細則が調整中となっていますので、定款細則の整備後にリンクさせたいと考えています。

 

 

・最後に、膳所ガバナーエレクトと連携を強化し、ホストクラブとしての役割を果たしたいと考えています。今年度中に当地で各種の研修会や協議会が開催されると聞いています。これらの機会を通じ可能な範囲で、ロータリアンとしての繋がりの強化と親睦の輪を深める場にしたいと思っています。

 

 

会員の皆さんのご協力・ご支援宜しくお願いいたします。

*7月23日(土)に地区クラブ活性化ワークショップが開催されます。これに次年度会長・幹事と共に出席予定ですが、事前に「会員満足度アンケート」を実施するよう求められました。つきましては、ただ今からアンケート調査票を配布いたしますので、次回例会時までに事務局までご提出くださいますようお願いいたします。無記名となっています。

会長の時間1

2022-07-06

日田ロータリークラブ会長 石松雅彰

今年度最初の会長の時間です。1年間、どうぞ宜しくお願いいたします。

 私は、職業分類が不動産賃貸業としてロータリーに入会させていただいています。

 現在、アパート2棟、戸建て住宅14棟を管理運営いたしていますが、おかげさまで全戸入居中であり、何とか黒字経営を続けています。

 商業柄、また家庭的にも皆様にお話しするような事柄を持ち合わせていませんので、今年度の会長の時間は、もっぱらロータリーに関するお話を中心に進めさせていただきたいと思っています。

 先日、5月20日に「大分第1グループ会長エレクト懇談会」が玖珠町の望山莊にて開催されました。

 例年ですと、ガバナー補佐主催でグループごとに会長、幹事を対象に懇談会が開かれているようで、私も以前幹事を務めた時には白石会長とともに中津で懇談会に出席した経験がありますが、今回はコロナ禍でもあり、会長エレクトのみを対象として、意見交換とともに親交を深めることを目的に実施されました。

 会場に入ってとてもビックリいたしましたのは、堀川貴史ガバナーエレクトが、地区副幹事とともにご出席されていたことです。お聞きしますと、堀川ガバナーエレクトが各クラブの会長エレクトの皆さんと膝を突き合わせて意見交換、懇談をしたいとの意向であるとのことでした。

 会では、ガバナーエレクトの挨拶ののち、各クラブ会長エレクトから自己紹介、クラブの次年度方針、事業計画等が述べられ、意見交換がなされました。

 中津RC会長エレクトからは、クラブ創設70周年を控え会長を2年連続で担当するなどのお話があり、私も2023~2024年度に中津RCの子クラブである日田も60周年を迎えることや膳所ガバナー年度に向けて各種の取組が始まることなどを紹介いたしました。

 意見交換では、私から第1グループ内の地区役員の経費負担について見直しを要望し、ガバナーエレクトからは、次年度財務委員長とも協議したいと旨の発言を頂きました。

 引き続き行われた懇親会では、酒を酌み交わしながら、ロータリーのことや趣味、いろんな経験談などが飛び交い、大変楽しい懇談会となりました。

 特に、玖珠の吉光ガバナー補佐と菅会長とが私と同年齢であることがわかり、若いころの思い出話や同じ人を友人に持つなど話も尽きず、大いに盛り上がりました。

また、ガバナーとは全体会議や研修会などでお会いすることはあっても、10人程度の会議でゆっくり意見交換、懇親ができる機会はあまりないのではないかと思っています。

そういう意味においても今回の懇談会は私にとって有意義なものでした。

これから1年間、会友の皆さんをはじめ沢山のロータリアンの皆さんのご指導、ご協力を頂きながら、微力ではありますが、会長の重責を果たしていきたいと考えていますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

会長の時間を終わります。

7月の例会

2022-07-05

・7月6日(水)午後12時30分 日田市のマリエール オークパイン日田

新年度初例会 会長新年度運営方針表明

 

・7月13日(水)午後12時30分 日田市のマリエール オークパイン日田

クラブ協議会(委員会話し合い)

 

・7月20日(水)午後12時30分 日田市のマリエール オークパイン日田

クラブ協議会(委員長活動方針発表)

 

・7月27日(水)午後12時30分 日田市のマリエール オークパイン日田

内部卓話 会員3名

  • 新着記事10件

  • 国際ロータリー・テーマ

    2022-2023年度
    国際ロータリー・テーマ
    「イマジンロータリー」
    ジェニファー・ジョーンズ会長

  • ブログカテゴリー

  • Copyright(c) 2022 日田ロータリークラブ|Hita Rotary Club All Rights Reserved.