会長の時間39 平成27年5月13日(水)

2015-05-13

日田ロータリークラブ会長 田嶋 篤

私たちロータリーの会長の時間は政治問題を話さないように教えられました。これはロータリー法律と言われるロータリークラブ定款第13条に謳われています。 第1節−適切な主題 地域社会、国家および世界の一般福祉にかかわる公共の問題の功罪は、本クラブの会員にとって関心ごとであり、会員の啓蒙となり各自が自己の意見を形成する上で、クラブ会合における公正かつ理解を深める研究および討議の対象として適切な主題というべきである。しかしながら、クラブは、いかなる係争中の公共問題についても意見を表明してはならない。 第2節−支持の禁止 本クラブは、公職に対するいかなる候補者も支持または推薦してはならない。またいかなるクラブ会合においても、かかる候補者の長所または短所を討議してはならない。 第3節−政治的主題の禁止 (a)決議および見解。本クラブは、政治的性質をもった世界問題または国際政策に関して、討議ないし見解を採択したり配布したりしてはならない。またこれに関して行動を起こしてはならない。 (b)嘆願。本クラブは、政治的性質をもった特定の国際問題の解決のために、クラブ、国民、政府に対して嘆願してはならない。また書状、演説、提案を配布してはならない とあります。しかし私はあえて問題を提起したい。武力による戦争を起こしてはならないのです。アメリカの海兵隊員はまず殺せと教育されたそうです。ベトナム帰還兵は帰国後も精神障害になった人も沢山いるそうです。戦争は弱者に被害がかかります。老人、女子、子どもたちです。最近ドキュメンタリー番組が多く放送されています。満州から引き上げて来た人たちは、ロシア人、中国人、朝鮮人から殺されたり襲われたりしています。引上げ船がもうすぐ博多港につく前に海に身を投げた人も多くいたそうです。佐賀、福岡の療養所では当時違法であった堕胎処置を九州大学の医師たちが3人ずつ交代で超法規に当たったそうです。さきのベトナム戦争でも、アメリカ兵、韓国兵の無法ぶりが最近取り上げられています。韓国人との混血(ライダイハン)は3万人とも言われています。ベトナム戦争のヒーローが大統領になっていたため、なかなか表には出ませんでした。5月憲法記念日をむかえ、武力による紛争を放棄する憲法を有する世界で一つの国、日本がどうすべきかを考えなければならない。 日本国憲法 第二章 戦争の放棄 第九条 1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これをみとめない。  これを前提として世界平和を目指したいものです。

  • 新着記事10件

  • 国際ロータリー・テーマ


    2020-2021年度
    国際ロータリー・テーマ

    「ロータリーは機会の扉を開く」ホルガー・クナーク会長

  • ブログカテゴリー

  • Copyright(c) 2015 日田ロータリークラブ|Hita Rotary Club All Rights Reserved.